1. HOME
  2. 導入事例
  3. 株式会社シェアウィズ

事例紹介

【導入事例】
pottosを選んだ理由はCS担当者の存在。
安心して導入できる点で選びました。

 

株式会社シェアウィズ

WisdomBase カスタマーサクセス
岩橋 友紀子 氏

社    名 :株式会社シェアウィズ
サービス 名 :WisdomBase
U  R  L    :https://wisdombase.share-wis.com/
ユ ー ザ ー   :代理店や社外パートナーの育成担当者の方
CS部門規模 :2名


低価格で認定試験・研修・コンテンツ販売のDXが行えることで人気を博している「WisdomBase」を提供する株式会社シェアウィズ。設立10周年を迎え、多くの企業から長く愛され続けているWisdomBaseですが、pottosを導入された理由を伺いました。

pottos導入背景

まず、pottosを導入されたサービスについて教えてください

WisdomBaseは、オンライン試験の作成や動画コンテンツの販売が行えるクラウドサービスです。
オンライン試験機能では、検定や入学試験のような紙の試験のオンライン化ができ、動画コンテンツ機能では動画の単品販売やサブスク販売、入会費の徴収などが行えます。

オンライン試験機能の不正防止は顧客からも喜ばれる機能の一つです。カメラを使った受験者の替え玉防止の機能や、怪しげな操作があった場合にキャプチャを撮影する機能などが備わっています。今後は顧客オンボーディングや社員教育に活用いただけるような機能開発、ご提案に力を入れていきます。

pottos導入前の課題を教えてください

以前は、顧客の情報が複数のツールにバラバラに管理されていました。

もともと海外のプロジェクト管理ツールを使って顧客情報を管理していたのですが、ツールの特性上、連絡の履歴や、オンボーディングの進捗など活動状況が管理できませんでした。そのため各社の状況は、その管理ツールとは別に、シートなどに書き出して、その文章を見ながら各社の状況を把握しているという状態だったため、1つのツールで一元管理をしたいと考えていました。

また、非常に多くのお客様がいらっしゃるため、お問い合わせが多いお客様の対応に追われて、他のお客様に手が回りきらないという課題もありました。お問い合わせの少ないお客様であっても解約リスクが無いというわけではないので、数値化して状況を把握したいとも考えていました。

数あるCSツールの中からpottosを選んだ理由を教えてください
pottosのカスタマーサクセス担当者の方の存在が大きいです。

海外製品も含め、複数のカスタマーサクセスツールを検討していました。
その中でpottosは、営業の段階から、具体的にどのような設定をしたらよいのか弊社が想定している連携が可能かなど、カスタマーサクセス担当者の方に丁寧にサポートいただけたことで、安心して導入できると感じました。

また機能面ではヘルススコアを詳細に設定できるという点も大きかったです。
比較した中でヘルススコアの要素ごとに-10点~10点と細かく設定できるのはpottosだけだったので、pottosなら顧客ごとの微妙な状況の差を表現できそうだとイメージが持てました。

最終的に、弊社のやりたいことが実現でき、サポートもしてもらいやすそうで、安心感のあるpottosを選びました。

導入サポートについて

導入サポートについて感想を教えてください
次回の打ち合わせで何を行うかスケジュールを立ててくれていたので、準備が行いやすくとても有り難かったです。

また、質問や相談など、カスタマーサクセス担当者の方の返信が迅速で、とても助かりました。
我々もpottosのカスタマーサクセス担当者の方のように、お客様に対してすぐに返信できるようにしたいねとチームでも話していました。

pottosを利用され始めた感想はいかがですか?
NPSの配信もメールの配信も一瞬で実施できてめちゃくちゃ感動しました。
今まではお客様ごとに個別にメールを配信していたため、大幅に時間が削減できて嬉しいです。今後はリリース連絡などにも活用していきたいと考えています。

また、ヘルススコアの設計や、pottosの設定について、他社の成功事例や参考指標を教えていただけると嬉しいです。
手探りで取り組んでいる点も多いので、参考にできる情報があればどんどん取り入れていきたいと思っています!

今後について

pottosに期待することをお聞かせください

pottosには弊社の「カスタマーサクセスの核」となるツールになってほしいと考えています。

pottosを使って、まずは顧客管理をしたいと考えていますが、最終的には満足度向上とアップセルの実現を目指しています。
弊社では極力ツールを増やしたくないという考えがあるのですが、それらを実現するために実施したかった顧客の状況確認も、状況に沿った提案も、メール配信も、pottosひとつで行えると思っています。

そのため、pottosを確認すればカスタマーサクセスの取り組みに必要な情報がすべて把握でき、どう取り組めば良いのかわかるといった弊社の「カスタマーサクセスの核」となるよう、使いこなして行きたいと思っています。

※ 本記事の内容は2022年2月時点の情報です。

pottosやカスタマーサクセスに関することは
お気軽にご相談ください

資料ダウンロード

pottosに関する資料をダウンロード
いただけます。

お問い合わせ

pottosに関するご質問、ご意見等は
こちらからお願いします。